SSブログ

iTunes 10.1.1.4 [オーディオ]

33.png
iTunesのアップデート、惰性ではありますが通知が来たら無条件でやっています。

あれ?

最新のiTunes 10.1.1.4、音が違ってる…

以前よりいい感じ。絶対にいい。
アップコンバートも96kHz/24bit に上がってデジタル出力。実態はともかく気分はいいけど、どうしたんだろう?
こんなことなら旧ヴァージョンの音を確認してからアップデートすればよかった…と後悔しても遅いですが、個人的感覚は明らかに良くなっているので、満足。

音楽のデジタル化はCDで広まり、高音質のハイレゾと、利便性の圧縮ファイルという、両極端の方向に進んでいます。データ量の違いが音質の違いであることは常識ですが、今回の新しいiTunesを聴いてみると、圧縮ファイルの再生能力が確実に上がっているように感じます。マスタリングが違うCDの違いなんかクッキリと聴き取れます。ただの勘違いかもしれませんけどね。

果たしてプログラムの実態はどうなのでしょうか?
タグ:iTunes
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

Frank Zappa『Hammersm..Tom Petty & Heartbre.. ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます