SSブログ

Frank Zappa『Hammersmith Odeon』 [Frank Zappa]

ザッパの作品は死後も年に数枚がリリースされていますが、今年はこれがいちばん。

イラストがかわいい『Hammersmith Odeon』は、89枚めの公式アルバム。100枚まで行くのか…。
IMGP0731.JPG
1978年1月と2月、ロンドンのハマースミス・オデオンにおけるコンサートの音源です。
この頃は、ワーナーとの契約問題が長引きレコード発売が出来ない時で、ザッパの苦労が偲ばれます。テリー・ボジオ、パトリック・オハーンにエイドリアン・ブリューが加わり、キーボードにトミー・マーズとピーター・ウルフ、パーカッションにエド・マンという最強の7人編成でした。ロックはもちろん、ジャズ、ポップス、ムード、さらにコメディ、モノマネ、そしてSMまで、何でもあり。

クレジットの謝辞にピーター・フランプトンの名前があるのですが、
IMGP0735.JPG
これは「I Have Been In You」でフランプトンの「I'm In You」を約7分にわたって茶化しているから承諾をとったと思われます。このエピソードはよく知られていましたが、フランプトンのモノマネまでやっていたとは…。いやはや、ザッパらしい。確かに「I'm In You」、いろいろな意味に訳せます。ザッパだけが卑猥とは言えないですよね。

1977年秋、アメリカから翌年はロンドン、そしてヨーロッパを回り、この時に収録した音源をベースに代表作の一つ『シーク・ヤブーティ』が作られたことはファンの間では常識です。従って編集前のコンサート音源の発売が望まれていたのですが、20年以上を経て発売に至ったことは嬉しい限りです。
ただ残念ながら「一日」の音源ではなく4日間の音源が編集されてしまっているんですね。何か技術的な問題があると思われます。だからエンディング、終わりそうで終わりません(笑)。

発見だったのは「ティーンエイジ」つまり十代と言う単語をよく使っているということ。どうやら真剣にフランプトン並みにヒットを狙って、苦しい経済状態を打破して商業的な成功を画策していたようです。結果、ヨーロッパで「ボビー・ブラウン」のシングル・ヒットを生み、『シーク・ヤブーティ』はヒットし、世界的にはいちばん売れたザッパのレコードと言われています。歌詞は十代向きとは言えないですが。
IMGP0732.JPG
11月にロンドンで行われた生誕70周年コンサートに関連した「ロンドン」繋がりで地下鉄のイメージが多く使われ、またケーキに飾られたシアターはその会場であったラウンドハウスだそうで、ハマースミス・オデオンではないとのこと。
IMGP0733.JPG
オマケとして、ヒゲマーク付きの風船と便座シート(上の白い紙)、解説には便器のイラスト付き(右下)。未亡人のゲイルによるこのコンセプト、よく分かりません。ザッパだったら風船ではなくコンドームではないでしょうか(笑)。

内容はCD3枚組で約3時間。『シーク・ヤブーティ』には含まれていない曲も多く、嬉しいクリスマスプレゼント。ザッパは1988年のバンドを「ベスト・バンド」と称していましたが、私にとってはこの1978年バンド。何はともあれ、発売されたことを素直に喜びたいです。

ありがとう、ザッパ。
b208231659.jpg
でもこの時期のバンド、全員が揃った写真がないのです。残念…
タグ:Frank Zappa
nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 4

コメント 2

ぷーちゃん

最近になってやっとザッパの
スゴさがちょっとわかりました。f^_^;)
by ぷーちゃん (2011-01-18 17:30) 

crescent1966

ザッパ中毒中で、他の音楽が一切聴けなくなりました。どうしてくれるんだ、ザッパ先生。
by crescent1966 (2011-02-16 09:53) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

NHK『坂の上の雲』第二部iTunes 10.1.1.4 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます