SSブログ
Jeff Beck ブログトップ

悲しみの恋人達 'Cause We've Ended As Lovers 続報 [Jeff Beck]

01.JPG
このシングルと「'Cause We've Ended As Lovers」収録のSyreeta『Stevie Wonder Presents Syreeta」(以下、『Presents』)の発売日が分かりました。「'Cause We've Ended As Lovers」の邦題は以下のように採用されていました。

74年6月19日 Syreeta『Presents』アメリカ発売
74年10月?日 日本盤『Presents』(SWX-6140)ビクター発売
________「'Cause We've Ended As Lovers」の邦題は「恋人たちの詩」
75年5月23日 シングル「Harmour Love/'Cause We've Ended As Lovers」US発売
75年6月21日 Jeff Beck『ギター殺人者の凱旋』(ECPO-39)CBSソニー発売
________「'Cause We've Ended As Lovers」の邦題は「哀しみの恋人たち」
75年8月21日 Jeff Beckシングル「哀しみの恋人たち」(ECPB-338)日本発売
75年9月 ?日  Syreetaシングル「愛の鳥/恋人たちの詩」(JET-2326)日本発売
-----------------------
95年3月1日 CD『Presents』ユニバーサル日本発売
________「'Cause We've Ended As Lovers」の邦題は「哀しみの恋人たち」を採用

スティーヴィー・ワンダー・プレゼンツ・シリータ

スティーヴィー・ワンダー・プレゼンツ・シリータ

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ポリドール
  • 発売日: 1995/03/01
  • メディア: CD


「'Cause We've Ended As Lovers」の日本初出はやはりSyreetaの2枚目LP『Presents』で、邦題は「恋人たちの詩」であることが分かりました。「恋人たちの詩」は「愛の鳥」のB/Wで翌年5月末アメリカ発売されますが、Jeffの『ギター殺人者の凱旋』アメリカ発売とほぼ同時期と思われます。ただ、この2枚の発売に関連性があるのかどうかは分かりません。

この経緯から推測すると、もしCBSソニーが「'Cause We've Ended As Lovers」が日本発売されたのを知っていたら慣例に従って「恋人たちの詩」を採用するはずです。当時の広告記事を読むと、「'Cause We've Ended As Lovers」は「Stevie WonderがBeckの為に新曲を書き下ろし」と書き、Syreetaのことには一切触れていません。Stevieのアルバムには収録されていませんから「未発表」と判断したのではないでしょうか。

シングルの発売が近かったのは偶然かもしれません。ビクターもB面曲なので気を抜いたのか、同時期に同じ曲に違う邦題のシングルが発売されていたことになります。ちょっと珍しい現象かな?
single.jpg
約20年後、CD発売時には邦題を「哀しみの恋人たち」に変更したのは、Beckのバージョンの認知度が高かったからでしょう。いや、ユニバーサルの担当者も「恋人たちの詩」という邦題の存在を知らなかった可能性もありますね。この曲以外に4曲(M 4, 5, 7, 10)には邦題があったのですが、CDでは採用していません。

Syreetaの「恋人たちの詩」はちょっと可哀想な存在ですね。Jeffの「哀しみの恋人たち」のオリジナルとして巧く売り込めば、もっと広く聴かれる機会があったと思います。ちなみに、CDの解説でもこのことは一切触れられていません。いい曲なのに残念です。

Syreetaの「愛の鳥」は1975年に録音されてシングル発売されていますが、アルバムに収録されるのは2年も後、Syreetaの3枚目『One To One』でした。

Stevieのプロデュースで、コーラスにも参加しているようです。なかなかいい曲です。

ワン・トゥ・ワン

ワン・トゥ・ワン

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ポリドール
  • 発売日: 1995/11/01
  • メディア: CD



nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

悲しみの恋人達 'Cause We've Ended As Lovers 続報 [Jeff Beck]

rollingmanさんにコメントをいただきました。ありがとうございました。
以前のブログに書いた後、Syreetaが出した「'Cause We've Ended As Lovers」の日本盤シングルが見つけていたので、続報としてご紹介します。
01.JPG
「Harmour Love(愛の鳥)」のB面としてシングルカットされていたのですが、
02.JPG
ご覧の通り、邦題は「恋人たちの詩(うた)」となっております。「悲しみの恋人達」ではありませんし、依然として日本盤LPも見つかっておりません。

実は数ヶ月前に当時CBSソニーでJeff Beck担当だったTさんとお話する機会があったのですが、お聞きしたいことがたくさんあって、この邦題のことを聞くことができませんでした。不覚。

次にお会いする機会があれば、今度こそお聞きしたいと思っています。
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Jeff Beck 新作ライブを発売 [Jeff Beck]

jb.jpg来年の来日が決まっているJeff Beck、『Performing This Week... Live At Ronnie Scott's Jazz Club』という2007年録音のライブCDを発売するそうです。これも「11月」ですよ。今年の11月は何なのでしょ!

[CDジャーナルの記事]

DVDも同時発売予定。だったらDVD、ですよね。


Performing This Week...Live at

Performing This Week...Live at

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Eagle
  • 発売日: 2008/11/10
  • メディア: CD


今回、私はコンサートには行きませんけど、DVDは観てみたい。
Jeff Beckの生は意外性に溢れているんですよね。ギターの生音もゾクゾクするし。でも、行かない(笑)。
生のコンサートと、音だけのCDと、画像もあるDVDの関係。考えてみるととっても複雑です。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

悲しみの恋人達 'Cause We've Ended As Lovers [Jeff Beck]

『ギター殺人者の凱旋』には、そのLPタイトルとは余りにも似つかない「悲しみの恋人達」と邦題がつけられた曲があります。原題がちょっと覚えにくい英語のためか、日本では邦題で呼ばれることが多いのではないでしょうか。この邦題はいいですよねぇ。
single.jpg
『ギター殺人者の凱旋』からは、アメリカとイギリスでは先行シングルとして「分かってくれるかい(You Know What I Mean)」(これも邦題がつけられていました)が発売されましたが、日本では「悲しみの恋人達」が注目を集め、間近に迫っていた1975年8月の来日記念盤としてシングルカットされました。確かに日本人好みのメロディです。B面は共通で「She's A Woman」。

続きを読む


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(2) 
共通テーマ:音楽

Jeff Beck『Blow By Blow』ギター殺人者の凱旋 [Jeff Beck]

beck.jpg
Jeff Beckの代表作『Blow By Blow』も邦題の凄さでは引けを取りません。どうしてこんな日本語になるのか、はたまたソニー担当者のセンスが優れていたのか、作品の素晴らしさも加わって話題に事欠きません。
現行のCDでは、「ブロウ・バイ・ブロウ」と原題に沿い、サブタイトルで「ギター殺人者の凱旋」が扱いを小さくしながら存在を続けていましたが、最近はとうとう消滅してしまっているようです。
1975年の6月頃だったと思いますが、リアルタイムでこれを買った私には忘れがたい邦題であり、アルバム2枚を作っては解散させていたJeffの経歴に絡めたと思しき邦題に大きな違和感はありませんでした。同世代の友人からも違和感を聞いたことは無かったはずです。どうしてこんな邦題なんだ、と話題になり出したのは発売から数年後だった様な気がします。

どうしてこんな邦題なったのか?

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
Jeff Beck ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます