SSブログ
Fleetwood Mac ブログトップ

Fleetwood Mac「Coming Your Way」の不思議な邦題 [Fleetwood Mac]

私がFleetwood Macを聴き始めたのは『Bare Tree』の頃からで、それ以前のいわゆるPeter Greenの時代の彼らはかなり後になってから聴きました。でもどうもブルース色は好みに合わず、お気に入りという訳ではありません。Fleetwood Macというグループはギタリストが代わる度に音楽性がガラッと変わりましたから、キャリア全体を通してのファンは少ないようです。

今日の「Coming Your Way」はPeter Green在籍最後のLP『Then Play On』(1969)の1曲目を飾るもので、アメリカと日本でシングルとしても発売されました。アメリカではB面で、A面は「Rattlesnake Shake」。日本では「Coming Your Way」がA面で、付けられた邦題が「マイコさん」、ジャケットにはしっかりと舞妓さんの写真が使われました。

maikosan.jpg

どうしてこんな邦題をつけたのか???

内容は舞妓さんとは全く関係なし。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Fleetwood Macのベースが好き [Fleetwood Mac]

Fleetwood Macというグループ、知っている人は多いと思いますが、ベスト1に上げる人はほとんどいない。私も大好きであるものの、ベスト1という訳ではありません。理由を考えてみると、絶対的な魅力にちょっと欠けるというか、カリスマ性が足りないというか、決定的な理由が弱いということでしょうか。
アメリカでのアルバムの売上は、今日現在で『RUMOURS』が1900万枚、全体では4850万枚を売上、24位に堂々とランクしています。前後はCELINE DIONが5000万枚で23位、NEIL DIAMOND同数で24位。この辺り、日本での評価とはズレがありそうですね。NEIL DIAMOND、誰? 知らない人も多そうです。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
Fleetwood Mac ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます